2007年06月03日

食餌療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ダイエット(食餌療法)によるもの
ダイエットによる痩身の基本的な考え方は、
「食餌による摂取カロリー」<「基礎代謝による使用カロリー+運動や活動による使用カロリー」
を実現するにあたり、天秤の左側(摂取カロリー)を減らすことにより、体重を減少させ、結果として痩身を期待するというものである。

基礎代謝は、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で、当然エネルギーを必要とする。相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に約1200キロカロリー(kcal,Cal)とされている。
痩身目的でのダイエットの際に注目すべき栄養素は「脂肪」「炭水化物(糖分)」「たんぱく質」である。 なお、日常生活を送る上では一日中何もせずじっとしているわけではないので、当然これより多くのカロリーが消費される。

1gあたり、脂肪は9キロカロリー、炭水化物は4キロカロリー、たんぱく質は4キロカロリーである。
ゆで卵ダイエット、りんごダイエット、豆腐ダイエットなどのように単一食品やほとんど単一の栄養素によるものをひたすら食べ続けるもの、米(炭水化物)のみを全く摂取しないなど、特定の栄養素のみを欠く形のダイエットも存在するが、栄養素の極端な偏りは、一時的な痩身や体重の減少の目的には適っても、場合によっては生命に関わるほどに健康を損ねたり、美容を損ねることもある。同時に、一時的に減量できたとしても、元の食生活に戻した時点でリバウンド(後述)することは容易に推測される。
posted by yk at 13:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ゆで卵ダイエットダイエット(英語|英:diet)とは、健康や美容などを目的として、食事の量・質(生理的熱量|カロリー)、食材の種類・バランスなどをコントロールすることである。現在多く使われる、痩せるた..
Weblog: ダイエットのココロ
Tracked: 2007-09-30 08:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。